スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SCSP-20RでSE535リケーブル

今回は、あゆた様より

クライオのSCSP-20R

と、言うケーブルの音質が良いとの、コメントがあったので
これを購入し、SE535用にリケーブルしてみました。
この模様を投稿したいと思います。

SCSP-20Rの入手は県内のオーディオショップで1㍍、3150円で購入しました。

SCSP-20Rの画像はこちら

RIMG0048.jpg


これを、バイスに挟み、デザインカッターで外皮を剥き、芯線を抜き取ります。

RIMG0049.jpg

そうすると、7組の線が出て来ます。

RIMG0050.jpg

この中の1本も2組で構成されてるので、これもバラシていきます。

RIMG0051.jpg
RIMG0052.jpg

バラシた線を収縮チューブに通すのですが、バラシた時は
このようにヨレヨレになってるので

RIMG0053.jpg

手で引っ張り真っ直ぐにします。

RIMG0054.jpg

これを、収縮チューブに通し、熱を加えて固定させます。

RIMG0055.jpg
RIMG0057.jpg

今回、作成時が真夏だったので涼しげな色にしたかったので

GND=白
R  =赤
L  =青

で、作成しました。

RIMG0058.jpg

此処まで来たら、後は、いつもの様に
オヤイデのコネクタに配線していきます。

RIMG0060.jpg
RIMG0061.jpg
RIMG0062.jpg
RIMG0063.jpg
RIMG0064.jpg
RIMG0065.jpg
RIMG0066.jpg

耳に当たる部分は、角度を付けたいので、透明の収縮チューブを通しておきます

今回は、単線なので、布被膜を被せます。
布被膜は、以前、当ブログで紹介した、ダイソーの自転車用ロープで作ります。

http://masarin33.blog39.fc2.com/blog-category-7.html



6NSP-2200Meister+SPC-REFERENCEDOCKケーブルと色を合わせたかったので
今回は、青色の布被膜を作ってみました。

RIMG0068.jpg

布被膜に線を通す時、線の先端を束ねて無いと通りにくいので
一旦、先端を揃えて、収縮チューブで揃えます。

RIMG0069.jpg

ケーブルを束ねるスリープ、布被膜を固定する収縮チューブを先に通しておきます。

次に3・5ミリプラグへの配線ですが今回はVIABLUEのプラグを使用してみました。

VIABLUEのプラグの配線のやり方は、まだ、当ブログでは紹介してないので
良い機会なので、これも説明したいと思います。

先程、通したケーブルの後側に
VIABLUEの内部ケース、収縮チューブを通します。

RIMG0070.jpg


まずは、バイスにVIABLUEのプラグを挟み、予備半田をしておきます。

RIMG0071.jpg

VIABLUEのプラグはスペースが狭いので、先にGNDを半田付けして
収縮チューブで絶縁します。

RIMG0074.jpg

次にL(青色ケーブル)を半田付けし、同様に収縮チューブで絶縁します。

RIMG0075.jpg

そしてR(赤色ケーブル)を半田付けします。

RIMG0076.jpg

最後に、VIABLUEプラグのネジを締め
布被膜の両端を収縮チューブで固定し
ケーブルを手で交互に巻き
最初に通した、透明の収縮チューブに熱を加え
自分の耳の形に角度を付ければ、完成です。!(^^)!

RIMG0080.jpg
RIMG0079.jpg
RIMG0081.jpg

音質ですが、非常に、まろやかですね。
Fiio E11も、6NSP-2200Meister+SPC-REFERENCE Dockケーブルも
どちらかと言えば攻撃的(ドンシャリ)型ですが
それに、あゆた屋スペシャルケーブルでも組み合わせようもなら
かなり尖った感じの音になり、あまりお勧め出来る組み合わせとは
思いませんが、私、個人的には1番の好みです。(笑)

ですが、客観的に音質を評価するならば、SCSP-20Rの方がバランスが良いですね。
特筆すべき点は、クラシックを聴いた時の適度なノリと豊かな低音が
相まって見晴しの良い音場を聴かせてくれます。

最近、歳をとったせいか、よく、サウナへ行って湯上りに寝る事が
多くなって来ました。
その時にクラシックを聴くと、良く眠れます。(笑)

次回、サウナに行く時は、このケーブルを持って行きたいと思います。

RIMG0084.jpg

いずれにせよ、持っていて損の無いケーブルかと私は思います。
作成難度は、やや高めですが、是非、皆様方もお試し下さい。(^_-)-☆

PS
あゆた様へ

当ブログに、このケーブルの情報を頂いてから1ヵ月以上も
作成出来ませんでした。

会社の盆休みは取れたのですが
子供が夏休みに入ったので、花火大会、海水浴、昆虫採集
墓参り、嫁さんの実家への挨拶

夜は、グランツーリスモ5、ハンコンでアクセル全開でした。(^_^;)

ようやく、子供の夏休みの宿題も終わったので
ケーブル作成に漕ぎ着けました。

また、当ブログに遊びに、来て頂けたら幸いかと思います。m(__)m
スポンサーサイト

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

8N-OFCでSE535リケーブル

今回は

http://masarin33.blog39.fc2.com/blog-entry-34.html



ここでのコメントにあります
あゆた様より
8N-OFCケーブルがタダでプレゼント
して頂けた物が、自宅に到着しました。

あゆた様、本当に有難う御座いました。m(__)m

それでは早速、SE535リケーブルしてみます。

・・・と、思いましたが
SE535リケーブル
実は半年位していません(汗)

今回は、大変貴重なケーブルなので
失敗は許されません。(^_^;)

そこで、自分の過去の記事

http://masarin33.blog39.fc2.com/blog-category-16.html



を、見ながら作成しました。(^^ゞ

今回の3.5㍉ジャックはオヤイデ電気のP-3.5G

DSCF0983.jpg

で作成しました。

今回は、自分でケーブルを
収縮チューブに入れて、作成しなければなりません。

やり方は以前に投稿した

http://masarin33.blog39.fc2.com/blog-entry-30.html



このやり方と、全く同じです。

ケーブルの長さを10㌢から80㌢に変更しただけなので
細かい説明は割愛します。

ただ、8N-OFC、非常に柔らかいです。
この柔らかさで、80㌢の収縮チューブを通すのは
私、初めてなので、困難を極めました。(T_T)
ちょっとでも収縮チューブに当たると
すぐに、曲がってしまいます。

頂いた8N-OFCはもう少し長さはあったのですが
80㌢にして、正解でした。

とりあえず
GND=黒(白にしようか迷ったのですが・・・)
L =青
R =赤

で作成しました。
完成画像は
こちら

DSCF0984.jpg

今、このような感じで
音楽を聴きながら更新をしています。

DSCF0985.jpg


音質は非常に素直な印象を受けました。
でも、よく聴くと、低音も、高音も出ています。
それに解像度の向上も出ていて、立体感も感じられます。

この立体感と、高音の金属的にキンキンした感が無いのが
BSC-8NSCOFA-CABLEとの差でしょうか。

でも、聴き疲れはしません。
これは、6NSP-2200Meisterとは性格が
ずいぶん違う印象ですね。

6NSP-2200Meisterは力でドンドン押してくる
感じがしましたが
8N-OFCは割とスッキリした感じですね。

6NSP-2200Meisterは洋食の
ビーフステーキに例えるならば

8N-OFCはさしずめ
京風和風割烹のように、私は感じました。

なにせ、京風なので、味付けが薄口です。
良いアンプ、イヤフォンを持っているのならば
問題は無いのですが

個性の強い機器で使用すると
悪い部分も一緒に見える気がします。

持っている機器の環境が悪い方は
このケーブルの使用を止めた方が
幸せかと私は、思いました。

さて、今回のSE535のリケーブルを80㌢にしたのには
もう一つ理由があります。

当然8N-OFCでドックケーブルを作る為です。(笑)

次回は
放置気味のHA10miniに手を付けるか
8N-OFCでドックケーブルを作るか
まだ未定ですが
その日の気分で決めたいと思います。(^_-)-☆

気軽にSHURE イヤフォン リケーブル

皆様方は音楽を聴く時、どんなイヤフォンで聴いていますか?

数あるイヤフォンの中で、SHUREのイヤフォンの音質はトップクラスと私は感じました。

しかし、SHUREの標準ケーブルは作りの堅実さはありますが
長さが1.6㍍もあり、しかもワイヤー入りなので、取り回しが良いとは言い難いですね。

そこで、私はSHUREのリケーブルをしてみました。
今回は、私のリケーブルのやり方を紹介したいと思います。

使った線材ですが
共立電子
KPPV-SW13/0.08x1C

MMCXコネクタは
千石電商のMMCX-P-174A

シリコンハウス共立
同軸コネクター MMCX-P-1.5A

どちらでも大差は無いと感じました。

では早速、リケーブルを実践してみましょう。


① +ピンに線を半田付けし、収縮チューブで絶縁します。
1.jpg

(ピンに対して真っ直ぐに、半田はピンより、はみ出さない事。はみ出すとコネクタに入りません。
 難しいかもしれませんが、ここは慎重に!)

② +ピンをコネクタに差し、コネクタの根本をワイヤーで巻きます。
2.jpg

(+ピン抜け防止対策 ①)

③ コネクタ全部がGNDなので適当に半田付けし、収縮チューブ(赤色、R)をコネクタ根本まで入れ、固めます。
3.jpg

(+ピン抜け防止対策 ②、L、Rの区別、当然もう1本は青、L)

④ 残ったワイヤーをコネクタ部に巻き付け、その上にギボシのスリーブを被せます。
4.jpg

(+ピン抜け防止対策 ③ GND強化、ギボシのスリーブを被せるのは見た目、触感向上が目的。)

⑤ 最後に黒の収縮チューブを被せれば完成。(^^)/ 
5.jpg

(L,Rの区別が付くように、③の収縮チューブを1㍉程度見えるように長さ調整)

⑥ 3.5㍉プラグの配線方法は皆知ってると思うので省きます(^_^;)
   今回はギボシのスリーブをスライダーにも応用してみました。
6.jpg


使ったギボシはマルツ電波の
【SA-30】圧着端子絶縁スリーブ ギボシ・ファストンオス端子用(10個入)
型番:SA-30*10
がお奨めです。
柔らかく、耳へのあたりが気持ち良いです。


最後に配線を覆っている布被覆は、ダイソーに売ってる自転車、バイク用のロープ
ダイソー

を、必要な長さより、長めにカットし、中のゴムを抜いて使用しています。
布被膜

端の方はほぐれてしまうので、カットします。

布被覆を3.5㍉プラグに取り付けた完成品はこのようになります。
リケーブル完成

音質も標準と比べてもほぼ同じと感じました。


以前にTripleFi 10 でリケーブルをした事がある方なら
工具、収縮チューブ、3.5㍉プラグ等は
持っていると思います。
それらを使用すれば、値段も千円前後で、簡単に組み上げられるかと思います。

SHUREのイヤフォンを、ワイヤーの無いスッキリしたケーブルで
音楽を楽しむのも、面白いと思います。

是非、皆様方も、1度試して下さい。!(^^)!

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

masarin33

Author:masarin33
最近のデジタルオーディオ、イヤフォンの進歩には
目を見張る物があります。

それらの機器を
より安く
より良い音で
より楽しく
聴いてみたい
一心でブログを開設してみました。

電気知識等は詳しくありませんが
素人目線で
開拓して行こうと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

本日の訪問者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。