スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPod nano用DOCKケーブル作成

今回はiPod nano用DOCKケーブル
の作成を紹介したいと思います。

これを、思い立った理由は
前回、SOIC変換基板を探してた時に
こんな物
DSCF0806.jpg
が、出てきたからです。

これは、オヤ○デ電気で千円で売っていたのを
発売当初に買った物です。

当時これで接続して、良い音質とは思えなかったので
2、3回聴いて、放置したままになっていた物です。

再度、接続してみると、昔以上に酷いと感じました。
ここ、1年でアンプ、イヤフォンも音質が向上し
私の耳も肥えてしまったので、余計に悪く感じたのでしょう。

この音は、あえて例えるなら、アンプを通さず
DAP、直刺しで聴いているような感じです。

DOCKケーブルで、ここまで酷く感じた
と、言う事は、裏を返せば

DOCKケーブルの品質を向上すれば
もっと、良い音質になるのでは?
と、思ったからです。

といって市販の物で良いものは1万円~3万円もします。
とても、DOCKケーブルにそんなお金は出せないので
自分で作ってしまおう、と思った訳です。

ケーブル素材を何にしようか考えましたが
あまり、お金は掛けたく無かったので
私の手持ちのケーブルで作成する事にし

L,Rの信号が通る線は
オーグライン0.4㍉

GNDは BELDEN 8470

で、作成する事にしました。

選んだ理由は

情報量の多い印象のある
オーグライン

落ち着いた感じで、フラットな感じの
BELDEN 8470

を組み合わせれば
解像度は高いけれど、落ち着きのある
バランスの良い、音質になるのではと、思ったからです。

市販の物でも
オーグラインを使った製品はありますが
結構な値段になります。
せっかく、1㍍/1200円の高価なオーグラインを
買ったのだから使わなければ
勿体無いと、言うケチ臭い事も考えてます(笑)

でも、使った事のある方なら分かると思いますが
BELDEN 8470は、結構太い線です。

そこで、BELDEN 8470の芯線だけを取り出し
DSCF0796.jpg
これを、収縮チューブに通せば細くなると思い実行してみました。
DSCF0800.jpg
収縮チューブは透明の物を使用していますが
マルツで31円で投げ売りしてあったのを利用した物です。
DSCF0801.jpg
マルツで買った物はこれと、DOCKコネクタのみです。
ケチれる所はトコトンケチる
それが、当ブログの信念です。(笑)

話はそれましたが
オーグライン0.4㍉とBELDEN 8470芯線を被膜布に通します。
DSCF0804.jpg

後、DOCKコネクタの配線方法ですが
中身はこの様になっており
dock_touch_04.jpg
左側が1番ピンです。

 02 04 06 08 10 12 14 16 18 20 22 24 26 28 30
01 03 05 07 09 11 13 15 17 19 21 23 25 27 29


1pin&2pin:GND(どちらか1つでOK )

3pin   :Line-out R-ch(+)
4pin   :Line-out L-ch(+)
11pinと15pinはショートさせます


この配線だけで
iPod nano DOCK音声出力は可能です


ググると結構な数のサイトが
11pinと15pinをショートさせたものと21pinを68KΩで繋ぐ
と出て来てますが、これは

iPod touch/iPhoneのエラー対策です
iPod nanoには必要ありません。


なかには、ipod nanoは
2pin
3pin   
4pin 
だけ、配線すれば音声DOCK出力は取り出せる
と、紹介しているサイトもありますが

これも間違いです。
iPod nano 5th,6thで試しましたが
DOCKから音声出力は取り出せません。



かなりの数のサイトが、昔の情報のままになっているので
私も、結構惑わされました。
今後の、注意喚起目的で、字を大きくしてみました。

実際に私が配線した画像は
こちら
DSCF0808.jpg

いらないピンは抜いてしまいました。
一応、将来iPod touch/iPhoneを使う日が来るかもしれませんので
21番ピンだけは残しておきました。

後は、3.5㍉ジャクに配線するだけなので、簡単です。
画像はこちら
DSCF0814.jpg
音質は、かなり良くなりました。
今迄も、私の環境は結構良い方だと、思っていました。

実際、DOCKコネクタを換えてだけで
かなり、音質向上が出来ました。

言葉で表すのが、難しいのですが
霧が晴れて、遠くの方までハッキリ見えたような感じです。

私の環境での、ボトルネックは
このDOCKコネクタだったのかもしれません。
DSCF0815.jpg

これだけ、変わるならもっと良い線を・・・
と、思いましたが
これを、やりだしたら泥沼にハマりそうなので
辞めておきましょう(笑)

でも、なんとなく、BR様が電線病になった
感じが分かった気がします。
また、時間が取れたら、じっくりと取り掛かる事にします。

PCOCC-A、8Nとかで、DOCKコネクタを作ったら
どんな風に変わるのだろうと
想像すると、ワクワクしますね。!(^^)!
スポンサーサイト

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

masarin33

Author:masarin33
最近のデジタルオーディオ、イヤフォンの進歩には
目を見張る物があります。

それらの機器を
より安く
より良い音で
より楽しく
聴いてみたい
一心でブログを開設してみました。

電気知識等は詳しくありませんが
素人目線で
開拓して行こうと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

本日の訪問者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。