スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HA10mini調整完了

今回はHA10miniの調整完了が
完了したので、それの投稿をしたいと思います。

前回のコメントで
”DCオフセット調整も、きちんとしないと
イヤフォンが焼け壊れますよ。”

との、有り難いコメントがありましたので
早速、測定してみたら
L=1.35V
R=2.45V
と、言う信じられない値が出ていました。(汗)

それと、バイアス電流を増加させると
火傷しそうな位、2階のトランジスタが熱くなります。
これは、どこか配線を間違えた可能性が大きいです。

よく、これで音が出たな・・・
と、言うのが率直な感想です。

HA10miniの調整方法を見てみると

”そもそも入力にオフセットが発生していないか?”

と、ありましたので、計測してみると
L in =0.7V
R in =1.5V
と、思いっきり出てました。

これの対策として

”もしここがオフセットしているようならTr1,2,3,4,5,6,7,8回りが特に怪しいです。”

との事なので、再度半田コテを当ててみましたが
現象、変わらず。

仕方ないので、チップトランジスタを剥離し
新品のを、再取り付けする事にしました。

この時、剥離した時にプリントパターンも
3箇所、剥離してしまいました。
もう、ダメかと思いましたが
回路図を参照してワイヤーで繋げてみました。
その結果、かなり御見苦しい作りと、なってしまいましたが
画像は、こちら

DSCF0865.jpg

これで、ダメならHA10miniは失敗と言う形で
終了となってしまいますので
かなりドキドキしながら計測してみたら

L=6.5mV
R=45mV

と、なり、なんとか許容範囲に収まったので
後は、Rのみを抵抗器をR4に並列に接続して
オフセットを下げてやればOKと思い
色々、抵抗器を噛まして試しましたが
バイアスを触ると、オフセットも変わってしまい
まるで、イタチごっこをしてるみたいでしたが

結果として100Ωを並列に繋げて
R= -3.8mV
と、なり、L,R共±10mVに収まりました。

DSCF0866.jpg

最後に、LとRのバイアスを一致させるのですが
これがまた一苦労ですね。
0.1㍉回しただけで、20~30mV変化してしまいます。
30回位調整して、なんとか
L,R共バイアス電流を16.8mVに合わせました。

また、先日の名無し様より
LEDに関する情報が得られましたので
今回はLEDを、青に
R47は200Ωに変更してみました。

DSCF0870.jpg

やっぱ赤よりも、青の方が、見た目にも良いですね。(^O^)
電池が減ってもLEDが点灯しているのなら
このままで行こうと思います。

ここまで来たら
もうイヤフォンを繋げても大丈夫でしょう。
今、HA10miniをこの様に
繋げて、音楽を聞きながらブログを更新しています。

DSCF0872.jpg

それでは、ここで
音質の感想を書こうと思います。
エージングは1時間しか行っていませんので
あしからず。

このアンプの特徴は
非常に綺麗な高音の表現力にあると思います。
ここまで綺麗に鳴るアンプは中々無いと思います。

オレンジドロップちゃんは中高音にツヤが乘りますが
このアンプはそのような加工は一切せず
中音から高音までスッキリ伸びていく感じです。
ただ、高音の出方が少々キツイですね。

反面、低音が少し弱い印象が残ります。
もう少し量感があっても良いような気がします。

エージングが進めば印象も変わって来ると思いますが・・・

この辺は、電解コンデンサをKZHにした影響かとも思います。
この電解コンデンサを変えれば
低域改善になると推測されますので
電解コンデンサをLZHに交換しようと
ググってみても、画像は出て来ましたが
販売店が出てきません。

どなたか、御存じの方がいれば
コメント頂けたら有り難いです。

ケースは
テイシンのTC-2

マルツにダメもとで、問い合わせしてみたら
あっさりと、取り寄せしてくれました。
もう入庫したとメールが来てたので
本日、受け取りに行って来ました。

DSCF0873.jpg

次回は、毎回失敗続きのケース加工を投稿の予定です。(汗)

とりあえず、こうやって完成報告&音質評価が出来て
心底ホットしています。
基盤のパターン剥離を見た時には

失敗報告を、どうブログに書こうか
思い悩んでいましたから。(笑)
スポンサーサイト

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

コメント

§

いろいろと、大変でしたね。
私なら、諦めてるな、多分。(^_^;)
200Ω?と思って先日の私のコメントを見返しましたが、、、
ゴメンなさい今更ですが、一桁間違っていました。1Kから4KあたりをLEDに直列ですね。私の青色LEDで2Kを入れました。(>人<;)

エージングは進みましたか?
自作、特にディスクリートですから、だいぶ変わりますよー。
残念ながら、そのキラキラはだいぶ落ち着いてしまいます。その分、刺さりっぽさが消えて低音が質、量ともに向上します。
私のKZHのは50時間位は加齢を続けました。
それまではコンデンサーの事は置いて置いてもよろしいかと。
それでは。

§

しかし汚い基板ですねw
でも、きれいな音が出て何よりです
ケース加工がんばってください!

§

いつもの名無し 様

結構大変でした。(^_^;)
通常なら、私も諦めて次の領布迄
おとなしく待っていたと思います。

ただ、ブログで、あそこまで投稿した以上
引くに引け無い状況だったので
ド素人のド根性を、発揮してみました。(笑)

LEDの件は
また、抵抗入れ替えてみます。
前にも、お話しましたが
細かい事は気にしない性格なので
謝らなくて良いです。(^O^)

エージングの有力な情報助かります。
もう少し、様子見てみますね。
とりあえず、エージングを進めるにしても
ケースに入れないと、嫁さんの掃除機の餌食に
なりそうで、怖いです。(笑)

低域の量感が、どのように変化するのを
楽しみにしてます。


774 様
実物はもっと汚いですよ。(^^♪

写真には写っていませんが
コネクタピンのプラスチック部分とか
半固定抵抗器とか
半田コテで触ってしまったので
溶けている部分が、結構あります。(^^)v

でも、ちゃんと綺麗な音が出てるのは
不思議ですね。

ケースの加工は・・・
今の所、成功率0%なので
多分、御見苦しい画像になるかと・・・

とりあえず、出来たらブログに投稿しますので
また、笑える物が投稿されていたら
コメント頂けたら、幸いと思います。\(^o^)/

§ ケース加工

あくまで、私の場合。ですが。
初めに1mm位の穴をあけ、現物と合わせてみます。センターからずれている方向に棒ヤスリで広げ、様子を見てリーマーで広げて行きます。
3.5mmジャックなどはボリュームやスイッチがある程度入るようになってから位置の確認をします。
アルミ加工なので面倒ですがリューターより100均のヤスリでゆっくりやった方がいいような気がします。
あと、失敗したら大穴を開けてハンダ埋め全塗装コースもあります。
成功を祈る。

§

いつもの名無しさんと同じで
最初は小さい穴を開けます
私の場合は3.2mmからスタートします
あまりに小さい穴だとやすりが入りませんので
リーマーは極力使わず、やすりでズレを調整するといいでしょう
このキットだとスイッチの四角い穴が難易度高いです
たいていはここで失敗するでしょう

失敗して汚くなっても音が出ればいいのであればそれもよし
黒いケースなので穴を開けるとアルミの銀色が出ます
そこをマジックや模型用の塗料でタッチアップすれば
穴がいびつでも何とかなっちゃうものです

笑える投稿期待します

§ Re:ケース加工

いつもの名無し 様
774        様

いつも、役立つ情報感謝します。
m(__)m

ポイントとしては
一旦、小さい穴を開け、そこでヤスリなどで
微調整を行うのですね。

私は、今迄5㍉の穴を開ける時には
一気に、5㍉のドリルで開けてました。
まず、最初から間違っていた事になりますね。

後、御二方共、失敗した時でも
なにかしらの、修正を加えているのですね。

HA10miniのケース加工の際は
是非、試してみたいと思います。


>笑える投稿期待します

多分、御期待にそう、一品になるかと思います。(笑)



§

音出しおめでとうございます。
ケース加工についてですが、ハンコに使う印泥を使う方法を投稿したいと思います。
朱肉ではなく印泥であることに注意してください。書道道具を扱う大きめの文房具屋で80円くらいで売っています。

ボリューム、ジャックの先にこの印泥をベタベタ付けてからケースの裏側にマーキングをするととてもきれいに穴あけが出来ます。マーキングなら普通のインクで良いと思われがちですが、
印泥は文字通り泥ですのでケースによくくっつく上に、拭くだけで落ちる点がインクより優れています。

工具はリーマー(800円くらい)とピンバイスで十分です。

§

コメント有難う御座います。
m(__)m

前回に引き続き、今回も有益な情報を頂き
大変、助かりました。

印泥は文房具店にあるそうなのですが
あいにく、私の住むド田舎では
日曜日は殆ど店を開いていません(爆)

ハンコ屋さんにはありましたが
取り寄せだそうです。(泣)

後、分からない点が一つ。

ケースの裏側にマーキングすると言う事は
ケース裏側から加工すると言う事なのでしょうか?

大きなケースなら、そう云う事も出来ますが
今回の 
テイシンのTC-2
では、ケースが小さすぎて、治具が入らないと思います。
どのように、加工するのか
御教授、頂けたら助かります。

最後に、ピンバイス早速購入しましたが
これ良いですね!
アルミ板でも、簡単に穴開け出来ました。

これで、ケース加工が容易になりました。
 
ブログも更新しましたので
見て頂けたら幸いと思います。
(^^♪


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

masarin33

Author:masarin33
最近のデジタルオーディオ、イヤフォンの進歩には
目を見張る物があります。

それらの機器を
より安く
より良い音で
より楽しく
聴いてみたい
一心でブログを開設してみました。

電気知識等は詳しくありませんが
素人目線で
開拓して行こうと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

本日の訪問者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。